Top > 耳鳴り > その日最初のホールでは

その日最初のホールでは

そん日最初んホールではそん日んゴルフば占うもんやけどから、えらい緊張しゅるもんやけど。
そん日最初んホールば無事に乗り切っちリズムば作りたいもんやけど。
そんごと思えば思うほどゴルフスイングに力の入っちしまい、ちゃい結果につなのりまっしぇん。
そしたら、どのごたる点に注意してゴルフスイングば行えばよかとやろうか。
そん日最初んホールば無事に乗り越えるためにな、ティーショットの重要なカギば握っちいましゅ。
第1打ばフェアウェイキープしゅるこつの必要たい。
これでプレッシャーも少なくなり、落ち着いてくるはずたい。

第1打ばスライスして林ん中に打ち込んだり、チョロしたばいりしゅれば、いちらこいっち走り回らなければなりまっしぇん。
これでな、ペースのはようなっちなおすぼんくらりでなく、第2打以降で「挽回せんと」っちゆう意識の働き、身体に力の入っちなおすんやけど。
フェアウェイばキープしゅるために、いえてティーショットでドライバーば打たなかっちゆう選択もいるけん。
フェアウェイばキープしゅるために、5番いたりんミドルアイアンでティーショットば打っちもよかかもしれん。
「そん日最初んホールなんに刻む」っちゆうけんはなく「そん日最初んホールだからこしょ刻む」っちゆう考え方たい。
https://www.theaccim.org/
運悪くそん日最初んホールに失敗したばいらどげんしたらよかとやろうか。
次んホールで巻き返そーっち思っちはいけまっしぇん。
まず、悪か流れば断ち切るこつの重要たいけん、次んホールばそん日最初んホールにしゅればよかとたい。
ティーショットでフェアウェイキープして、悪か流れば断ち切りましょーたい。

耳鳴り

関連エントリー
その日最初のホールでは